ある方からありがたい助言をいただいた。
Conteは通信販売推奨店と見受けられますよ」

えっ寝耳に水の言葉にビックリした次第です。
理由はこの掲載内容が通信販売業者と同じ文言だからと言うことらしいです。
特定商法取引法に関する表示

確かにそういう方向から見れば、そうなるなぁ〜〜と深く反省
言葉もいい加減な部分があったので修正をしました。

そういえば、ネット通信販売委託業者から電話がかかってくることも数回あったなぁ〜〜と

ただ、この内容を記載しているには訳があります。

そのことを改めてココに記載します。

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

Conteは来店による販売を重視し、ネット閲覧による販売店とは違います

Conteの考えはこちらです。
販売=商品説明をした上で販売者及び購入者の双方合意した売買契約であり、金銭の授受および商品の授受までも全て含む
と考えております。
ですから、この考えに通信と言う言葉をつけると
通信販売=上記記載中に上げた商品説明・双方の合意・金銭の授受・商品の授受、
これらのうち、ひとつでも対面で実施されない販売方法


極端な考え方かもしれませんが、販売形態の変化は時代とともに移り変わります。
そのためにも厳しいかも知れませんが、お客様とのトラブルを極力避けるために上記の考えとしております。

例えば・・・
〕菘更愼され、代金もいただきましたが、取りに来る時間がない方への自宅への発送
代金も当日は持ち合わせがないので、代金引き換えでお願いされることもあります。

これも通信販売と考えております。
もちろんお客様へのサービスとして、これらのことは喜んでさせていただきます。
また、お客様へのできる限りのサービスはさせていただきますが、できないこともございますのでご了承ください。

つまり、私の考えではConteは通信販売業者なんですが
ネットでのカタログ閲覧による販売業はしておりません。

店頭でしか販売していないのでその際にフィッティングに関してや
その後のアフターに関してはご説明をしております。

その他、法的解釈を厳密にした結果、通信販売に関しての内容を記載することにしましたが、
一般的な文言を引用したことは浅はかだったと反省です。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:

わかりづらい内容で申し訳ないです。
法的な解釈を考えてのあいまいな表現しかできないことをお許しください。

Conteにおける作品の販売は基本的に対面による販売を実施します。
お客様のご希望により、通信手段利用による販売をいたします。
せいぜいご利用いただきますようお願いいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

アイウェア Conte Hiro